日建の職人は上達がはやい!

日建スチールは職人の教育にこだわっています。

日建の教育

その常識に挑みます。

日建の教育キャッチは「3年で一人前に育てる!」です。
通常、職人の世界は「10年」でやっと一人前という世界です。
その常識に日建スチールは挑みます!

「見て覚える」をやめる!

「見て覚える」は職人教育の長きにわたる慣習です。現役の多く先輩たちは「見て覚えた!」という人が多く、「見て覚える」というのは今でも重要な価値観として残っています。
もちろん「自分でどう施工するか考える」という点において「見て覚える」という方法は大変優れています。しかし「できるようになるまで」のスピードを考えると、どのような仕事でも「見て覚える」だけよりも「見て、聞いて、やって覚える」の方が早く上達できると日建スチールは考えています。

1. 見る

仕事を見て覚えるといっても、現場は常に工事が進行しています。「見て覚える」時間は仕事中には取れません。日建スチールでは「品質・スピード」が一定基準の職人の動画を用意し、どこでも動画を見れる環境を作っています。憧れの職人の仕事がどこでも見れます。

2. 聞く

現場では、忙しい先輩になかなか仕事について聞く時間を取れません。
そこで日建スチールでは「聞く」時間を別途設けるように設定しています。
仕事が終わってから、毎週の決まった時間など、「仕事の質問時間」を設定しています。

3. やる

現場で新人が覚えたことをすぐに実践できる現場は、そんなに多くありません。
日建スチールではいつでも実践できる施設を用意しました。「下地組」や「ボード貼り」を練習できる架台を、会社事務所の近所に併設しています。

3年で一人前を目指そう!

 ✓ よく見る

 ✓ 素直に聞く

 ✓ やってみる

高校時代のクラブ活動のように自由に自主トレができる環境があるので、個々の成長スピードや目標にあわせて練習・活躍できます。

実際に3年目で、現場の職長をやっている21歳の先輩も!10年かかる一人前への道を日建で3年で達成してみませんか?