施工管理の教育体制

日建スチールでは「チームとして一緒に働く人」をきちんと育てます。

日建の教育

気軽に質問できる環境

日建スチールでは経験の浅い人に急に仕事を任せるというやり方を採用していません。
高いレベルの施工管理になるために基礎からひとつひとつを教育をしていきます。
またマニュアルにそって進めることはせず、ひとりひとりの性格にあわせた教育を行います。
仕事に慣れるまでは教育担当者が付いて、なんでも気軽に質問できる環境作りをしています。

入社したばかり

建築の材料を覚える

まずは基本的な材料を覚えることで、建築メーカーの人と話することができるようになります。基本的な材料の種類は多くありません。まずは基本的な材料からひとつひとつきちんと覚えていきます。

コミュニケーション

建造物は色々な分野のプロたちが集まって出来上がります。そのためコミュニケーションはとても大事です。まずは社内の仲間や現場の仲間(一緒に仕事をする職人さん)と雑談やいろんな話をしてみてください。

3ヶ月目から半年

現場の流れを覚える

先輩がひとつひとつ丁寧に、現場での流れや材料について教えつつ、先輩に同行して現場へ行く機会が増えます。初月から学習してきた材料を図面で確認できるようになり、現場では品質を確認できるようスキルを磨きます。

半年後に達成しているレベル

 ✓ 材料を覚えている

 ✓ 材料を拾うことができる

 ✓ 材料のオーダーができる

 ✓ 現場で品質を見ることが出来る

 ✓ 現場で安全確認をすることが出来る

 ✓ 基本的な現場の進め方がわかる

半年で基本的な現場の流れが分かるようなカリキュラムを作成して進めています。

1年かけて仕事の流れを理解し、3年かけて一通り見れるようになり、5年で1人前の施工管理になることを目指しています。